ホーム>NEW BLOG>損害保険

損害保険

火災保険の水災 /火災保険のご相談なら水戸市の有限会社TJCへ

家2のサムネイル画像のサムネイル画像

九州では大雨による被害が出ています。

これからの台風の季節を前に、気になるところです。

近年では茨城県でも2015年9月に鬼怒川が決壊し、常総市周辺で多大な被害がありました。

弊社は住宅購入のFP相談が多く、同時に火災保険のご相談も増えてまいります。

その火災保険の補償範囲に「水災」という項目があります。

台風や豪雨などによる損害が発生した場合に対象となる補償です。

この「水災」を対象外とすることで保険料が安くなるのですが、マンションなどの2階以上にお住まいの方はほぼ対象外にされていらっしゃいますね。

しかし戸建住宅でも安くなるからと、補償範囲から安易になくすのは考え物です。

立地条件や地盤など良く判断してからにしましょう。

また建築地周辺に長く住むかたにも聞いてみると良いでしょう。過去のお話が聞ければ参考になるはずです。

裏を返せば、水災の影響がないと判断している方でもつけたままのご契約もあります。

今一度、火災保険の保障内容をご確認いただき、ご質問などがございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

火災保険の内容は? /火災保険の相談なら水戸市の有限会社TJCへ

住宅.jpgのサムネイル画像

火災保険の内容をよく理解してご加入されましたか?

火災保険は、建物の保障、家財の保障、建物の地震保障、家財の地震保障の4つの保障内容に分類されます。

基本的には火災・破裂爆発・落雷・風ひょう雪・盗難・突発的事故などの際に保障されます。

それらにより建物に損害があれば建物の保障、家財に損害があれば家財の保障から保険金が出ます。

しかし建物の火災などであっても、その原因が地震にあればすべて地震保険の対象です。

また保険料にも違いがあるのは支払方法です。

現在では最長で10年の保険期間で火災保険は加入できます。

その10年間を月々で支払う、年払で10回支払う、10年分の一括払いと順にトータルの支払いは安くなっていきます。

それもそのはず、10年先の分を前払いしているわけですから割引になるわけですね。

保障内容と支払方法だけでもかなりの保険料が変わります。ぜひ一度内容を良くご確認のうえ、欲しい保障が備わっているか、不要な保障が入っていないかなどよくご確認ください。

ご確認だけでも相談できますので、ぜひお問い合わせください。

 

自動車保険の中身

スポーツカー.jpgのサムネイル画像

今日は遠くから自動車保険の相談に弊社事務所までお越しいただきました。

その際に自動車保険に詳しい“諏訪”より説明してもらいましたが、細部の情報や内容などは「へ~」と言うことばかりで非常に参考になりました。

単に自動車保険と言っても、設定や限定など知っておくべきことがたくさんある感じですね。

例えば保険を使うことによる等級ダウンにより、翌年の保険料は高くなります。

しかし使っただけでは高くならない契約内容もあるってご存知でしたか?

特に茨城県ではほとんどの皆さんが持っていて、毎年更新しているものですが中身についてはあまり知らないのかもしれませんね。

ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

長期火災保険の終了

消防車のサムネイル画像

今月末で長期の火災保険契約がなくなり、最長で10年の保険期間のみになります。

自然災害の規模などが読めなくなり、受領済みの保険料では保障しきれない状況もあるからだと思います。

10年満期なら更新のつど災害状況により保険料を調整できるため、その時期に合った保険料で受領できるという保険会社のメリットがありますね。

しかし消費者にとっては出費増です。

今後のライフプラン作成でも、更新する際の保険料を見ておかなければなりません。安心のためにも必要保険ではありますが、更新ごとにお金がかかることを想定しておきましょう。

 

車両保険

雨

今日は天気が回復しましたが、災害としては予断を許さない状況が続いております。

今日は災害時の車両保険についてご質問がありましたのでその件を皆様にもご報告いたします。

内容は「もし今回のような洪水で自動車が流されたり水没したりした場合、車両保険は適用になるのでしょうか?」というものです。

車両保険には一般と限定(車対車+A)等がありますが、どちらも洪水は対応しているとのことでした。洪水以外にも台風・高潮などの被害によって損害が発生した場合にも保障されるということになりますね。

ただし地震が原因による津波などは対象外となるとのことです。

 

火災保険の長期契約

消防車

保険料を安くする方法の一つが、長期の一括払いです。

多いのは自動車保険の「年払い」でしょうか。月払いを12回行うより、年一括払いの方が安くなるからですよね。皆さんがもう既にご存知の件です。

かなり長い契約ができるのは「火災保険」です。一戸建てやマンションを購入した方は加入されていると思います。

現在では35年契約など、長期で契約でき一括で支払うことが可能です。そうすると月払いや年払よりももっと安くなるわけです。

しかしその契約も今年の秋で終わり、最長で10年の契約になってしまう予定です。もし長期の契約をご希望の場合は、早めにご相談くださいませ。

 

個人賠償責任保険

ガラスヒビ

自動車で他人の物を壊してしまうと、自動車保険から「対物賠償」として保険金が出ますよね。

でも自転車で壊してしまったり、昔のマンガじゃないですが野球をしていて人の家のガラスを割ってしまったら、保険金は出ないですね。

そのような対策の保険が「個人賠償責任保険」です。それだけで契約できる商品はほとんどありません。他の保険の特約として付帯させます。

でもどこが一番安いのか?これは長期の一括支払いをすると安くなります。長期で加入できるのは火災保険なので、それに付帯させる金額をご確認くださいね。

 

ページ上部へ