ホーム>NEW BLOG>2015年2月

2015年2月

いやな季節

花粉

とうとうやってきてしまいました。本日よりティッシュを大量に使う時期に入りました。

毎年対策を考えますが、なかなか効果がないですね。

多い少ないとニュースで出ますが、私には関係ないようです。少ない年でもきっちり反応します。

薬を飲み、顔にスプレーをし、鼻の入り口に塗り、マスクをしてくしゃみをしているようでは大変です。

昨年から舌下薬が出てきていますね。今年の秋ぐらいから来年に向けての準備を進めようかと思っています。

ご相談の際は鼻声や鼻水をご了承ください。

 

ハードディスクが壊れました

HDD

昨日の晩に、社内のデータ保管用ハードディスクが異音とともに壊れました。

バックアップ用として使っていましたが、まさか壊れるとは思いませんでしたので、データにそのまま上書きしていました。

ところが・・・まさか・・・。上書き続けること約2年・・・。

最新版が消えてしまい、さかのぼると2年前のデータしかありません。

修正に修正を重ねた弊社用ソフトなどもすべて消えてしまいました。

幸いにもクライアント様のデータや個人情報は入れておりませんでしたので良かったですが。

保険でも直せないものがあります。やはりメインに保存して、バックアップとして利用しなければなりませんね。

 

相続対策2

浦島太郎.jpgのサムネイル画像

相続対策とはいつから準備するものなのでしょうか?

気になった時点で考えればよろしいかと思います。

例えば、もし万一のことが起きてしまった場合の対策として保険に入ったりしますね。

その保険に入っていることは、他の誰が知っているのか・・・その簡単な情報を残しておくことも重要な対策なんです。

もちろん銀行の口座やクレジットカードの有無など、自分がいなくなった時に対応してくれる家族のことを考えメモを残しておきましょう。

これなら若いうちから用意できますね。

 

保険の見直し

手術

保険の見直し時期について質問がありました。

「いま加入している保険の満期や更新の時期を待ってから見直ししたほうがいいんですよね?」

こたえは「そうとは限りません」になります。

その時点では年齢が上がり保険料も高くなってしまうことや、その時期までに入院や手術をしてしまうと加入できなくなってしまうこともあるからです。

若く元気なうちに見直ししておくことをお勧めいたします。

転んでしまってからでは杖の役目は果たせないのです。

 

ソーセージ

ソーセージ

本日は那須塩原で打合せがありました。

その帰り道の馬頭にある「ばとう手づくりハム」のお店によって、ソーセージを買ってきました。

昔テレビで見て、それから機会があれば寄って買ってきます。非常においしいので、もし気になる方はチェックしてみてください。

おすすめはソーセージとベーコンです。オンラインショップもあります。

 

メンバー紹介

サラリーマン

弊社のメンバーは住宅業界と車業界の出身者がおります。

車に関しても気になることがあったらちょっと聞いてみてください。何か参考になるかもしれません。

私の仕事用の車も調子が悪かった時に見てもらいましたら、故障している箇所があっという間に見つかりました。

車の選び方なども教えてくれるかも!?

ちなみにメンバーは全員ハイブリットカーです。

 

ほけん

ファミリー

よくよく考えると、保険金ってなんでしょうね?

もしも万一があった場合に、家族が安心できるために必要なもの・・・。

もしも入院してしまったときに、貯蓄をなるべく減らさないように保険でまかないたい・・・。

このようなことがいえると思います。

たしかにその通りなんですが、本当に家族が安心できる保険金が出ているのでしょうか?

もしも本当にそうなったら、ご自身が加入している保険金で家族が十分暮らしていけるのでしょうか?

ご相談を受けていて思いますが、あいまいなままになっている方が非常に多いです。ご確認ください。

 

相続対策

浦島太郎.jpg

今までの相続対策は、相続税がかかるため税金を減らすための対策でした。

もちろんその準備をすることは必要なことです。

しかし現在の対策は、さまざまな視点から検証したうえでの方法を考えなければならない時代となっているようです。

過去のケースでは、とにかく資産に合わせて負債(ローンなど)を持てば総資産額が減るため税金が減るといった対策が多かったように感じます。

いまでもアパートを建てるといった対策ももちろんありですが、資産が現金なのか土地なのかとかご家族構成などの総合的なコンサルティングが必要となっています。

税理士や弁護士、司法書士などプロに頼む前に、総合的なFPにご相談ください。

 

住宅ローンと保険3

家.jpgのサムネイル画像

一般的に銀行などから借り入れする住宅ローンには「団体信用生命保険」という保険が付いています。

これはローンの借主に万一のことがあった場合に、遺族に住宅ローンが残らない保険ということになります。

保険料は金利に含まれていますので、別に負担することはありません。

ただし・・・もし保険に入れない場合、住宅ローンも借りられないことがあります。

例えば病歴や手術歴、健康診断結果などによっては保険に入れない方がいらっしゃいます。そうすると同時に住宅ローンも借りられないケースが出てくるということです。

家を建てたいやマンションを買いたい希望があっても、まさか保険の関係で買えなくなるとはあまり考えていないと思います。気になる時はお問い合わせを。

 

家計の内訳

お金.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

家計にはいろいろな支出があります。しかしその内訳にどのくらい支出してもいいものか、また収入に対してどのくらいの比率が適正なのかがよくわかっていません。

ネットなどで調べると平均値のようなものが書いてあることもあります。

でも、それが正しいのでしょうか?

もし初めてお会いしたクライアントから、「このくらいかかっているんですけど出しすぎですか?」と聞かれたら、答えは「分かりません」になります。

要は全体のバランスが大事だということです。

どこかにお金をかけたいのであれば、どこかを減らせばいいわけです。どこに支出のウエイトをもってくるかは人それぞれです。

ご家庭に合った支出計画を。

 

ページ上部へ